炭酸泉について

“炭酸泉”とは、炭酸ガス(二酸化炭素)がお湯1gに0.25g以上(250ppm)
溶け込んだお湯を指し、その中でも1000ppm以上のものを高濃度炭酸泉と
呼ばれています。
これらは医学的にも明確な作用が証明されており、日本国内の国立大学病院を含む
医療機関で使用されています。

ヨーロッパ(特にドイツ)では高濃度炭酸泉が多く噴き出しており、
古来から「心臓の湯」と呼ばれ伝統的医療として広く親しまれてきました。

こうした中、人工炭酸泉の誕生で、病院をはじめとする医療機関だけでなく、
介護施設や温浴施設、エステティックサロン、美容室などでも炭酸泉が導入され、
病気治療に留まらず美容や健康維持を目的として広く利用されています。

炭酸ガスの安全性

炭酸は人の身体の中に本来あるもので、吸収された炭酸ガスは肺や腎臓などから安全に排出されます。
人工炭酸泉に利用している炭酸ガスは、可燃や爆発などの危険のない安全なガスであり、消火器にも使用されています。
本来、大気中に放出され地球環境に影響をおよぼす炭酸ガスを再利用することで、環境に優しいセルフケア機器となっております。

美と健康との密接な関係
高濃度炭酸の大きな特徴が密接に関係し、美容と健康の両側面に影響を与えることが証明されています。

血の巡りを高める作用で老廃物が流され、血液が細胞の
隅々まで酸素や栄養を送ることができ、体の調子を整えます。




炭酸は人の肌に近い弱酸性で、細菌を抑制します。
肌は弱酸性に保たれることで、弱酸性で過ごす
細菌(常在菌)が安定し他の雑菌の侵入や増殖を防ぎ、
肌の健康が守られる仕組みになっています。

炭酸の分子は小さな微粒子のため、毛穴の奥まで入ることができます。
これにより、皮脂、シリコン、ワックスなどの汚れを除去し雑菌の繁殖を抑え、
健康な肌環境を作ります。

さら湯と炭酸泉のシリコン除去比較実験映像

炭酸ナビ

PAGE TOP