• ReVIERA3 リヴィエラキューブ
  • 炭酸泉とは?
  • リビエラキューブについて
  • FAQ
  • お届けまでの流れ
  • ニュース
  • お申し込み

reviera3


STAFF BLOG

実は怖いクーラー病。ただの夏バテで見過ごさないで!炭酸泉で早めの対処を!

最近は、熱中症で死亡者が出るほどの異常な暑さが続いており、
熱中症の対策としても冷房を使用する機会が多いと思います。

しかし、対策のつもりが今度は冷房によってクーラー病にかかってしまうことも。。
クーラー病は、だるさ・頭痛・下痢・肩こり・腰痛・めまい…、
ひどい方は嘔吐の症状を引き起こしますが
そんなに重い症状ではないので、ただの夏バテで済まされることもしばしば。。

しかし、クーラー病を放っておくと
症状が悪化して、仕事や私生活に大きな支障をきたす可能性もあるのです。

クーラー病=自律神経の乱れ

クーラー病というものは正式な病名ではなく、
クーラーが原因で体温コントロール機能(自律神経)が乱れてしまい、
頭痛・下痢・肩こり・腰痛・めまい…など
身体に様々な不調をきたすことを【クーラー病】と呼んでいます。

自律神経とは

心臓や血管など、内臓の動きをコントロールしている自分の意志では動かせない神経で、
活動モードの【交感神経】休息モードの【副交感神経】を交互にはたらかせ
バランスを取りながらわたしたちの生命活動を支えています。

しかし、この2つのバランスが崩れてしまうと心身に様々な支障をきたしてしまいます。

自律神経の体温コントロール機能

わたしたちの身体は、自律神経の体温コントロール機能によって
暑い夏も寒い冬も、ほぼ一定の体温を保つことができています。

寒さを感じると交感神経が優位なり、
血管や筋肉を縮こませることで熱を逃がさないようにして、

暑さを感じると副交感神経が優位なり、
血管を拡張し、汗で体内の熱を逃がします。

クーラーで自律神経が乱れる原因

室内と室外の温度差

『猛暑の屋外』と『冷えた室内』の温度差の激しさ
自律神経が追い付かなくなって、バランスが乱れてしまいます。

冷えすぎ

クーラーのきいた部屋に長時間いることで体が冷えきって
交感神経ばかりが活発になってしまい自律神経が乱れてしまいます。

放っておくのは危険!クーラー病の症状

冷え、血行不良による身体の不調

頭痛・肩こり・腰痛・下痢…など

交感神経の活性化による心の不調

動悸・イライラ・だるい・やる気が出ない…など

クーラー病は軽い自律神経失調症と言われています。

最近では、自律神経失調症という言葉を耳にする機会も多いと思いますが、
現代人は、クーラーだけに限らず、寝る前もギリギリまでスマホやテレビを見ていたり、
便利な世の中になるにつれて、交感神経が優位になりやすく、
自律神経が乱れやすい環境にあります。

ただの夏バテ、クーラー病で済ませて放っておくと、
症状が悪化して自律神経失調症やうつ病を招く危険性もあります。

仕事や私生活にも大きく支障をきたしてしまう前に、早めの対策を心掛けましょう!

クーラー病にも炭酸泉!

クーラー病の大きな原因である自律神経を整えるためには、
副交感神経を優位にしてバランスを整える必要があります。

副交感神経を優位にするためには
リラックスする、ストレスを解消する、物事を前向きに考える…など
という方法がありますが、
これを意識することで交感神経を優位にしてしまったりするので
自分で意識して改善するのはなかなか難しいものです。

しかし、炭酸泉は自律神経に直接はたらきかけ、
副交感神経を優位にする作用があるのでバランスが崩れていた自律神経を整えていきます。

また、炭酸泉(二酸化炭素)が血管を広げ、血流が改善されるため
身体の隅々まで温めてくれ、湯冷めもしにくいので冷えによる不調の改善にも期待できます。

↓ 自律神経についてもっと知りたい方はコチラ ↓
自律神経の乱れについて

自分でできるクーラー病の対策

クーラーと防寒の調整

室内と室外の温度差をできるだけ大きくしないように心がけてください。
理想は5℃以内とは言われていますが、暑すぎるストレスも自律神経を乱してしまうので
28℃程度が良いと思います。

また、自身で冷房の温度を調整ができない環境も多いので、
カーディガンやひざ掛け等で調整し、身体を冷やし過ぎないように気をつけてください。

適度な運動

自律神経の乱れから血行が滞り、様々な不調をきたすため
適度な運動で血流の改善を。

また、クーラーのきいた部屋ばかりにいることで
上手に汗をかけなくなって、体温調整ができなくなるため
運動で汗をかくことも大切です。

食べ物も意識する

暑い夏は特に、冷たいものがとてもおいしく感じますが、
アイスやキンキンに冷えた飲み物などは控えめにして、
温かい食べ物や飲み物をとることも心掛けましょう(^^)

リラックス

癒される香りや、音楽などに浸るなど、リラックスできる時間をつくるようにして
副交感神経を活性化させ、自律神経のバランスを整えていきましょう♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これから、お盆休みも控えていますし
体調には気をつけながら夏を快適に過ごしたいですよね。

炭酸泉はクーラー病にも手っ取り早い対策ができますので、
是非、炭酸泉を味方につけて平成最後の夏をおもいっきり楽しんでください!

PAGE TOP PAGE TOP