• ReVIERA3 リヴィエラキューブ
  • 炭酸泉とは?
  • リビエラキューブについて
  • FAQ
  • お届けまでの流れ
  • ニュース
  • お申し込み

reviera3


STAFF BLOG

【乾燥肌対策】保湿しても乾燥を繰り返す砂漠肌…。秋の肌トラブルケアにも炭酸泉は効果的!

最近、夜はだいぶ涼しくなってきて秋の訪れを感じますね。
これからの季節は、夏で浴びた紫外線によって肌ダメージを受けやすく、
また空気の乾燥によって一段とお肌が乾燥しやすくなります。
まさに“夏のつけ”がやってくるといえます((+_+))

乾燥によって一番肌荒れが起こりやすいと言われている“秋”
乾燥肌は肌のバリア機能が低下し、様々な肌トラブルを引き起こすため
皆さん乾燥肌対策として“保湿”に気を使っていると思いますが、
どんなに良い化粧水で十分に保湿をしてもすぐに乾燥してしまう。。
とお悩み方も多いのではないでしょうか。

なぜ乾燥を繰り返す?砂漠肌の状態

本来の肌は、肌奥で細胞同士がぴったりくっついて、水分を保っていますが
夏の紫外線やターンオーバーの乱れ等で、細胞が弱り小さくなると、
細胞同士に大きな隙間ができてしまい、水分が保てず蒸発しやすくなります。

その結果お肌の保水機能が低下し、化粧水(水分)を多く肌に留めることが難しくなり
またすぐ乾燥してしまいます。

乾燥が引き起こす肌トラブル

  • 粉吹き
  • ニキビ
  • シワ
  • シミ

粉吹き

冬場は特に、直接“乾燥”を感じることが多い悩みだと思います。
化粧ノリも悪くなりますし、一番見られる顔がカサカサ粉を吹いてしまっていては
とても恥ずかしいですよね。
水を含んだ砂と砂漠の砂をイメージしてもらうと分かりやすいですが
水分がないとお肌もパラパラと粉を吹いてしまいます。

ニキビ

乾燥した肌はバリア機能の低下により、ダメージを受けやすく
自ら肌の潤いを補うために皮脂を分泌します。
一見乾燥肌には見えないため、皮脂を取り除こうとすると
さらに皮脂が分泌されニキビを引き起こすこともあります。

シワ

乾燥でバリア機能の低下が起こると、肌は角質を厚くして肌の内部を
守ろうとします。
しかし、乾燥ダメージを負った角質は小さく、隙間から水分がどんどん
蒸発します。
水分がさらに蒸発していくことでカラカラに乾燥した皮膚は固くなり、
硬くなった肌は柔軟性がなく皮膚に寄った溝が元に戻らなくなり、
やがてシワになってしまいます。

シミ

シミの原因には、みなさんもご存じの通り“紫外線”があります。
紫外線のダメージから肌を守る為、体の防御機能により
肌の内側でメラニン色素がつくられます。
このメラニンがシミになるわけですが、肌のターンオーバーが
正常に機能していれば、メラニンも老廃物と一緒にはがれていきます。
ここで肌が乾燥していると、ターンオーバーが正常に行われず、
メラニンが残ってしまうのです。
さらに、乾燥した肌は紫外線による刺激を受けやすくなっており
そこへ紫外線が当たることで必要以上にメラニン色素が作られ、
メラニンの排出が追い付かずに、シミとして定着してしまいます。

乾燥を繰り返す砂漠肌から卒業するために

乾燥肌から卒業するために、まず第一に行うのが“保湿”だと思いますが、
乾燥した肌は保水機能も落ちて水分(化粧水)をうまく抱え込めない状態にある為
いくら良い化粧水で十分に保湿をしてもすぐに蒸発して乾燥してしまうことがあります。

砂漠肌から卒業するには、まずスキンケア商品をしっかり吸収させる
お肌作りが非常に大切です。

お肌の吸収率を上げるために必要なことは、肌奥の細胞を活性化させ元気にすることです。

元気な細胞を作り、育てること(リズムの整ったターンオーバー)ができれば、
お肌本来のチカラがアップし、吸収率もアップしますので
砂漠肌からの卒業に一歩ずつ近づいていけますよ。

砂漠肌の救世主“炭酸泉”

炭酸泉は身体の内側にはたらきかけ、血行を良くするため
栄養を血液に乗せて細胞のすみずみまで運び、元気な細胞作りに役立ちます。
炭酸泉ケアを続けることで元気な細胞が生まれ続け、ターンオーバー(肌の生まれ変わり)
のリズムも整い、元気でキレイなお肌をキープできます♪

乾燥肌を諦めて放置し続けると、くすみ、シワ、たるみなどのトラブルを引き起こし
どんどん肌の老化が進んでしまいます。
治療よりも予防の方が何倍も楽で簡単ですので、コツコツとお肌に良いことを積み重ねて
美しいお肌を手に入れましょう!

PAGE TOP PAGE TOP