• ReVIERA3 リヴィエラキューブ
  • 炭酸泉とは?
  • リビエラキューブについて
  • FAQ
  • お届けまでの流れ
  • ニュース
  • お申し込み

reviera3


STAFF BLOG

冬の女性の天敵!末端冷え性も炭酸泉で改善

12月に入り、今年も残すところ約1か月となりました!
寒さが徐々に厳しくなってきて、冷え性の方は特につらい日々が続きます。。

特に女性に多い末端冷え性は、『冷え』が酷くなると痛みを伴ったり、様々な病気にかかりやすくなりますので『ちょっと冷えるだけ』と見過ごさず出来ることから対策をしてみてください。

末端冷え性とは

末端冷え性は、手や足など指先が身体の他の部分に比べて冷たく、なかなか温まらない状態のことです。
女性、特に痩せている方に多く、手袋や靴下で防寒したり、運動をしてもなかなか温まりにくいという特徴があります。

冷え性の原因

冷え性の原因は『血行不良』にあると言われています。
寒さで血管が収縮し、血の巡りが悪くなることで身体の隅々まで暖かい血液が行き届きにくくなり、手や足の先に影響が出てしまいます。

冷え性が及ぼす身体の不調

肩こり・頭痛

冷えから血の巡りが悪くなると、肩こりに悩まされます。さらに肩こりから頭痛を引き起こすこともあります。

腹痛・下痢

お腹も冷えることで、腹痛・下痢が多くなります。

生理痛・生理不順

冷えから生理痛がひどくなったり、自律神経の不調でホルモンバランスを崩し、生理不順になることもあります。

胃もたれ

冷えから自律神経が乱れ、消化液の分泌を抑制し、食べ物がうまく消化できず胃もたれを引き起こしやすくなります。

風邪をひきやすくなる

冷えで乱れた自律神経は体温調節がうまくできず、免疫力も低下し風邪をひきやすくなります。

アレルギーや肌荒れがひどくなる

代謝が悪くなり吹き出物が目立ったり、免疫力の低下からアレルギーの反応が出やすくなります。

疲れやすく、集中力も低下

身体が冷えていると血管が収縮し血液(酸素)を運ぶ力が低下するため疲れやすくなり、集中力も低下します。

血行を悪くしがちな習慣

運動不足

運動不足になると身体の筋力が落ち、免疫力・代謝も低下し血液の循環が悪くなります。

食生活

現代人が特に好んで食べるファーストフードやチョコレートなどのお菓子は『陰性の食べ物』といわれ、血液をドロドロにし、血行を悪くする原因になります。

窮屈な服を着る

ボディラインにぴったりしたタイトな服は身体に圧迫がかかり血行が悪くなりやすく、ゆるい服を着ている人と、きつい服を着ている人では体温の上昇の仕方が違うという研究結果も出ています。

また、日本人では当たり前に着用している下着(ショーツ)ですが、下着は特に身体を締め付け、血行不良の原因になることから海外では下着を付けない方も多いです。

冷え性改善に有効な入浴方法

冷え性改善というとやはり身体を温めること『お風呂』というイメージがあると思います。

ただ、『温めること』を意識しすぎて熱いお湯に長時間浸かると皮膚の表面しか温まらず、すぐに湯冷めし逆効果になりますので、ぬるめのお湯に10~20分程度身体の芯からじっくり温まることで湯冷めしにくくおすすめです。

第二の心臓といわれているふくらはぎの血流を良くすることは全身の血流をスムーズにすることに繋がりますので、時間のない方は足湯をするだけでも血流の改善に役立ちますよ。

お風呂上りは髪の毛をしっかり乾かし、せっかく温めた身体を冷やさないよう注意しましょう。

炭酸泉のススメ

まず、『炭酸泉』はお湯に二酸化炭素が溶け込んだものです。

炭酸泉に浸かることで『二酸化炭素』が皮膚から吸収されると、脳が酸素不足だと“勘違い”を起こし、『酸素』を多く取り込もうと血管を広げ、血流の流れが良くなるという効果があるので『血行不良』による冷え性改善にも期待できますし、炭酸泉は身体の芯から温まり湯冷めもしにくく、体感温度が約2度高くなるという性質がある為、冷えきった身体に直接的に作用しますのでこれからの季節は特にオススメです。

今年も残り1ヶ月を切り、年末年始に向けて何かとバタつく時期ですが体調管理はしっかりして皆さまが気持ちよく、元気に新年を迎えられますように!

PAGE TOP PAGE TOP